2015年に国連で採択された、持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、 豊かで活力ある未来をつくるため17の目標・169のターゲットを定め、2030年までの達成を目指す世界規模の取り組みです。
当社はSDGsの課題解決を重要な経営課題と捉え、強みであるテクノロジーの力をベースとした事業活動・企業活動を通じて、国際社会が追求する社会課題の解決に貢献することで企業価値の向上と持続的な社会の実現に取り組みます。

ソフトバンクのグループ会社として

当社はSDGsの課題解決を重要な経営課題と捉え、
ソフトバンクグループの掲げる「情報革命で人々を幸せに」という経営理念のもと、エンジニアリングとオペレーションを通じて社会課題の解決に貢献することで、持続可能な社会の実現を目指しています。

SBエンジニアリングのマテリアリティ

ソフトバンク株式会社では6つのマテリアリティ(重要課題)を掲げており、
その中でも当社はグループの一員として「DXによる社会・産業の構築」、「質の高い社会ネットワークの構築」、「レジリエントな経営基盤の発展」において率先して取り組みます。

マテリアリティ ACTION 01
DXによる
社会・産業の構築
ACTION 05
質の高い社会
ネットワークの構築
ACTION 06
レジリエントな
経営基盤の発展
SDGsの目標
主な事業や
取り組み

ネットワークソリューション

DXサポート

BPOサービス

スマートオフィスソリューション

AI・IoTソリューション

モバイルインフラ

ネットワークインフラ

センターファシリティ

コンプライアンス違反の防止徹底

人権ポリシー/女性活躍推進

働き方改革/多様な働き方推進